Eye Am Here!!! → Get Feed twitter 食べログ はてなブックマーク Last.fm 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kurupt / Streetlights

Streetlights


  Visit Official Site

  リリース日:2010/4/20
  レーベル:Fontana / Pentagon
  Ex-Prod.:Kurupt, Terrace Martin, Suave
  客演参加 :Problem, Xzibit, Snoop Dogg, DJ Quik, J. Black, Roscoe, etc.
  製作参加 :Terrace Martin, Pete Rock, Lil Jon, etc.

  評価:★★★☆☆☆☆☆☆☆





 ウェスト・コースト・ヒップホップが全盛期だった90年代初頭、このやたらとラップのうまいアンチャンはデビューした。青いバンダナを腰から下げ、大言壮語を吹き回すギャングスタ・ラッパーのひとりに過ぎないはずなのに、彼のスピットには聴衆を引き込む何かがある。もはや終わったとされるウェスト・コーストで、プライオリティの取締役に就任したSnoop Doggと出す出す詐欺のDr. Dreを除けば、彼がメジャーを狙える存在のひとりであることにも疑いは入れない。それにしても、このアルバムは期待していたような出来ではなく、ちょっとガッカリ。ジャズ畑からヒップホップへと移住してきた気鋭のプロデューサー、Terrace Martinがほぼ全曲を手がけている、と聞いて「ひょっとしたら」と浮き足立ったのだが、結論としては「カネ返せ」って感じ。
 Kuruptのラップは相変わらずスキルフルで、まるで予想のつかないライムを紡ぎ、そのフロウは几帳面にリズムへ沿ったかと思えば次の瞬間には気まぐれにくだけたりもする。Snoopの猫撫で声をすこし太くしたような声が歯ぎしりをするかのようにがなり立て、片っ端から喧嘩をふっかけていく様は、背筋が凍るような思いにもなる。ライムの配置もユーモアに富んでおり、その点でならちっとも劣化したようには聞こえない。
 哀愁をたっぷり孕んだアルト・サックスのソロとKuruptのフリースタイルで始まるアルバムは、ちっとも記憶に残らない先行シングル《I'm Burnt》に続き、《Questions》と《In Gotti We Trust》で出来損ないのDreビートを持ち出したりして、何をどうしたいのかがサッパリ見えてこない。中盤に差し掛かるとPete Rockによる《Yessir》でソウル回顧、Snoop御大が参加する《All That I Want》、J. BlackがKokaneの中途半端なモノマネに勤しむタイトルもまんまの《I'm Drunk》、あとはいつものように入れる必要のない楽曲で終盤を水増ししているうちに終わってしまう。この人のアルバムに必要なのは、トラック・リストを埋め尽くすゲストではなく、もっと良質のプロダクションだ。


テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

What R U Lookin' 4?
About Me

S-Eye

Author:S-Eye
ブラック・ミュージックを聴いていたりエロゲーをやっていたりするバーテンダーです。批評は基本的に辛口、読んでムカつくこともあるかと思いますが、正直なレビューを心がけていますのでご了承ください。コメント/トラックバックはお気軽にどうぞ。リンクもご自由に。

Follow Me
Playlist
Now Supporting
Event

絵師100人展 02

Pick Up

はつドラ合同バナーキャンペーン開催中

Now On Sale

はつゆきさくら

ツクモノツキ

3/29 On Sale

ルートダブル

3/32 On Sale

Princess-Style

4/12 On Sale

魔法使いの夜

5/5 On Sale

この大空に、翼をひろげて
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。