Eye Am Here!!! → Get Feed twitter 食べログ はてなブックマーク Last.fm 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tha Dogg Pound / 100 Wayz

100 Wayz

  Visit Official Site

  リリース日:2010/8/17
  レーベル :Felder Ent. / DPG
  Ex-Prod.:Tha Dogg Pound & Soopafly
  客演参加 :R.B.X, Nicole Wray, A-Dubb, Nate Dogg, Dru Down
         The Lady of Rage, Snoop Dogg, Butch Cassidy, Celly Cel, etc.
  製作参加 :Soopafly, Ivan Johnson, Troy Sanders

  評価:★★★★★☆☆☆☆☆



 もともとはSnoop Doggy Doggの身内クルーとしてデス・ロウ創設時から活動し、今年で18年を数えるDogg Pound。度重なる回収沙汰にも懲りずに違法盤を出し続けるマユ毛野郎(Daz Dillinger)のせいで、正確な枚数もよく判らないカタログだが、とりあえず2010年の時点での最新作がこれ。かつての黄金期からは予想だにしなかったであろう没落っぷりだし、先んじてリリースされたKuruptのソロ作の出来の悪さからスルーしようかとも思ったのだが、一応ファンのよしみで買ってみた。ちなみにジャケットはダメ出しを食らったらしく、アートワークからライフルが消えている。ダセェwww
 プロデュースはほぼ全曲にDazが携わっており、準メンバーのSoopaflyが共作している。イントロ明けの《All You》から始まるギャング・バングで90年代後半のウェスト・コースト回顧録のように始まるアルバムは、参加しているメンツの懐かしさもあって、何だか基本に立ち返ったような好ましさがある。もともと《New York, New York》や《What Would You Do》のような喧嘩っ早い楽曲で名を上げたユニットなわけだし、この好戦的な内容は全く間違っていない。いったい何曲同じタイトルで作れば気がすむのか《Dogg Pound Gangstaz》では、デビュー作『Dogg Food』に入っていたそれと入れ替えても違和感がないぐらい勢いがあるし、PVも作られた「ふぁっきゅ~ん!」なリード・トラック《Skyz Tha Limit》は、Soopaflyの普段はひっちゃかめっちゃかになりがちな複雑で解し難い構築術が珍しく上手くいっている。チカーノよろしく愛を説くレイドバック《Gotta Let You Know》や、00年代風サザン・バウンスにKuruptが歌う《Good Pussy》のように似つかわしくない楽曲もあるが、お懐かしやDru DownとNate Doggがピンプの美学を伝授する《Cheat'n Ass Lover》は、名前を見ただけでちょっと嬉しくなってしまう。まぁ、後半はいつもどおりテキトーに水増ししているだけだが、ベイエリアのヴェテランCelly Celのゴリゴリした手触りのラップとKokaneに間違われることが多いButch Cassidyの歌声がまるで夢ごこちのように2人のそれと融合していく《Spread The Luv》は、麻薬的な陶酔感が鼓膜を包み込む素敵な瞬間だ。90年代の彼らが好きなら買ってもいいが、ほぼ同じ布陣で3年前に出た『Dogg Chit』ほどのインパクトは感じられない。あくまで「これ“が"いい」ではなく「これ“で"いい」の水準。


テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

What R U Lookin' 4?
About Me

S-Eye

Author:S-Eye
ブラック・ミュージックを聴いていたりエロゲーをやっていたりするバーテンダーです。批評は基本的に辛口、読んでムカつくこともあるかと思いますが、正直なレビューを心がけていますのでご了承ください。コメント/トラックバックはお気軽にどうぞ。リンクもご自由に。

Follow Me
Playlist
Now Supporting
Event

絵師100人展 02

Pick Up

はつドラ合同バナーキャンペーン開催中

Now On Sale

はつゆきさくら

ツクモノツキ

3/29 On Sale

ルートダブル

3/32 On Sale

Princess-Style

4/12 On Sale

魔法使いの夜

5/5 On Sale

この大空に、翼をひろげて
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。