Eye Am Here!!! → Get Feed twitter 食べログ はてなブックマーク Last.fm 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【馬鹿と煙は】アルテミスブルー【何とやら】

アルテミスブルー


  アルテミスブルー

  ブランド:あっぷりけ -妹-
  発売日:2011/2/24

  シナリオ:井上啓二
  原  画:浅海朝美, 桃飴こもも
  音  楽:Barbarian On The Groove, 真理絵, 霜月はるか, 古都美珠, Miyaji

  評価:★★★★★★☆☆☆☆

購入証明

 伊勢旅行のレポートをすっぽかしたせいで、何だかすごい久しぶりの更新になってしまった当ブログ。果たしてまだ見てくれている人などいるのだろうか(笑)。まぁ、出来のいい作品があったら取り上げようとは思っていたのだが、これといって食指を動かされる物がなかったせいで更新が滞ってしまったのだ、という事にとりあえずしてしまおう(ぉ

・あらすじ
――西暦2060年。
処女神に蓋をされた『息苦しい空』の下、
それでも『飛行機野郎』な、男と女の物語――

『田嶋ハル』はもうすぐ20歳の19歳。
明るく真面目で礼儀正しい努力家で、
物心ついた頃から『空』と『パイロット』に憧れてきた飛行機少女。
ハルは持ち前のガッツを発揮し、高校卒業後単身渡米、
『サンディエゴ』の航空学校に2年留学、見事『飛行艇のライセンス』を取得した。

晴れて帰国後、ハルは『副操縦士』として就職するため、
『江戸湾ズ』にある航空会社、『久保航空運輸』に面接にやってくる。
そこには、かつて『高々度限界突破挑戦機開発計画・イカロス』で、
『アルテミスの処女膜』を破りかけた伝説のテストパイロット、『桂桂馬』がいた。

『ライトスタッフ』な大人たちに囲まれて、
新人パイロット、ハルの成長物語が始まる!

:パッケージより引用


・シナリオ
 elfで『あしたの雪之丞』を書いていたのが今や昔の10年前、こんな辺鄙なブランドに流れ着いてしまった井上啓二だが、今時こんな売り上げ度外視の作品をやらせてくれるほど余裕のあるブランドなんてそう無いだろうし、実際この作品はライターのワンマン・クリエイトの性格を表している(その結果あまり売れていないらしい)。子供の頃に誰もが1度は憧れたであろう飛行機のパイロットという夢を今なお持ち続ける大人たちへ向けた、ロマンたっぷりの青春物語、といえば聞こえはいいし、あながち間違ってもいないのだが……。
 作中の空は、原因不明の現象「大変化」により一定質量以上の無機物が501フィートより上を飛べない、という設定で、その「息苦しい空」の下でなおはるか高みを目指す飛行機野郎たちのヒューマン・ドラマを綴るぶんには、この作品は確かに成功している。いささか分別が良すぎるとも思うが、どのキャラクターにもドラマがあって、それらのパーソナリティが江戸湾ズという底抜けに明るく楽しい空間を徐々に形成していき、各人の距離が縮んでは遠のく。それぞれの譲れない信念ゆえにぶつかり合うこともあれば、共通の目的へ向かって手を取り合うその様は、いい歳こいた大人が確かに青春を満喫し謳歌している。愚直だがワクワクする展開は、数年前のスポーツ・アニメのような清々しさがあって、展開が読めていてもグッとくる瞬間もある。人物像も深く考えこまれているし、ハルの視点に重点をおくことで執拗に否定してはいるものの、この作品は間違いなく群像劇としての性格を表している。――裏を返すと、この作品の最大の欠点が底に隠されている。
 主人公は女性、シナリオは分岐なしの一本道、公式が謳う「ハートフル・ライトSFコメディ」のジャンル表記にも偽りはないが、ライターはなぜかハルの視点で語ることに固執しており、それゆえに深く考えこまれているはずの各人のパーソナリティがいささか希薄になってしまっている。ハルには語り部としての役割以上は与えられておらず、一部の章を除けばほとんど傍観者のような立ち位置に甘んじており、ここはこの人の視点で語るべきだろう、という場面に遭遇するたび煮え切らない気分になる。江戸湾ズでの日常にのみ関してなら、ちょっとおバカだが生真面目で繊細なハルのリアクションがコミカルでテンポよく、実在する楽曲・映画からの引用を多用した会話もウィットに富んでいて面白い。「飛ぶ」ことで宇宙を目指す桂馬と「登る」ことで宇宙を目指す建男のふたりの間で揺れ動いたり、アリシアのためを思うからこそ誰より傷ついたりするハルの心情も、それなりに描写できている(個人的に敬体文のモノローグは嫌いだけど)。しかし、その軽快すぎるテンポが、シリアスな場面に流れこむと急速に悪玉菌と化すことが多々あって、ちぐはぐな印象を与えてしまう。せっかくの練りに練った設定をプロットが、ライターのプライドによって輝ききれないまま終わってしまったと思うと、残念でならない。


・グラフィック
 この人、アヘ顔とか好きそう。エロシーンの大半は感じ過ぎていてギャグすれすれ。立ち絵のポージングがたまに崩れたり不自然になっていたりもするが、ひどいというレヴェルでもなく、いかにもホドホドを狙いましたって感じ。それにしても、これだけ多くのイヴェントCGをたったひとりで描いたことは、素直に賞賛すべきなのか、よほどヒマだったんだなとせせら笑うべきか。


・音楽
 既存楽曲を多用したBGMは、シナリオとの関わりを理解してニヤリとできるもの(《ダニーボーイ》《黄色いリボン》)もあれば、なぜこんな曲をわざわざクリアランス取ってまで使用したかったのかと訝しがらせるもの(《ラデツキー行進曲》《木星》)もあったりする。それ自体は別に珍しくもないことなのだが、ちょっとそれらの既存楽曲に頼りすぎているきらいがあって、オリジナルのBGM群がちっとも記憶に残らないのはいかがなものか。
 ヴォーカル曲は3つあり、BOTGにそれぞれ真理絵(《Artemis Blue》)、霜月はるか(《Universalia》)、古都美珠(《昨日・今日・明日》)が拉致されている。主題歌である《Artemis Blue》は、前向きなリリックと解りやすいコード進行がハルのキャラクターをよく表している上々な楽曲だ。霜月はるかの《Universalia》はひとつの楽曲として聴けば悪くはないが、クライマックスとなる最終章の幕開けとしてはどうだろう? 弱々しい四つ打ちビートとその隙間をぬうピアノのシンプルなアクセントは《メルクリア》みたいだが、嬢のヴォーカルが意外とシンセサイザーとの相性も悪くないことを証明している佳曲なだけに、もっと他の作品に使ったほうが良かった気がする。


・声優
小倉結衣, こんつ, 雪都さお梨, 原田友貴, 大波こなみ, 氷室省吾, 蝦押丈, ひなき藍, 渋谷ひめ, 芹園みや, etc.

 男性陣がアツい。特に最終章なんかは、最初からこいつらを主人公にしとけばよかったんじゃないかと思うほど。逆に小倉結衣に情熱的なキャラクターをやらせると、声が上滑りしてズッコケてしまうことがよく分かった。何だかんだで最もハマり役だったのは、大波こなみ演ずる久保亜希子だったような気がするが、いやいや、立ち絵すら無い東京ローズさんの激ウマな英語発音がこの航空作品にリアリティをもたらしているのだ、という意見も捨てがたい。


・演出/ムーヴィー
 システムの項に書くべきか迷ったが、一応演出だろうということでこっちに。この作品、やたらと強制オートで進む場面が多い。特にBGMとシンクロしているというわけではなく、単純にライターがとばし読みして欲しくない場面なのだろうけど、アニメと違って自分の好きなペースで読めることが強みであるはずのヴィジュアル・ノヴェルに、果たしてこんな小賢しい施しは必要なのだろうか。最終章の数十分にわたる強制オートなど、途中でトイレに行きたくなったりしたらどうしろというのか。


・エロ
桂馬×マリア:2 桂馬×ハル(夢オチ):1 桂馬×しおり・さおり:1 ドナルド×ハル(夢オチ):1
桂馬×サラ:1 桂馬×ハル(夢オチ):1 桂馬×亜希子:1

 微妙にネタバレしている気がするけど、まぁいいや。とにかくハルのエロシーンは全て夢オチ、レイプまがいのシーンもあるため苦手な人は注意。


・システム
 アクティヴェーションあり。ディスクレス可。設定も細かくいじれて、自分好みにカスタマイズできる。ショートカット・キーまで各自で設定できるほど痒いところに手が届いているのだが、1本道のヴィジュアル・ノヴェルでこんな贅沢なユーザビリティを隅々まで使いたおす人などいるのだろうか。


・総評
 3章まで読める太っ腹な体験版があるため、それで気に入ったのなら買っておくべきかな。少なくとも値段分のボリュームもクオリティもあるし、映画『ライトスタッフ』を観たことがあるなら間違いなくどストライク。2011年のスタート・ダッシュとしては、悪くない幕開けです。


テーマ : エロゲー
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

What R U Lookin' 4?
About Me

S-Eye

Author:S-Eye
ブラック・ミュージックを聴いていたりエロゲーをやっていたりするバーテンダーです。批評は基本的に辛口、読んでムカつくこともあるかと思いますが、正直なレビューを心がけていますのでご了承ください。コメント/トラックバックはお気軽にどうぞ。リンクもご自由に。

Follow Me
Playlist
Now Supporting
Event

絵師100人展 02

Pick Up

はつドラ合同バナーキャンペーン開催中

Now On Sale

はつゆきさくら

ツクモノツキ

3/29 On Sale

ルートダブル

3/32 On Sale

Princess-Style

4/12 On Sale

魔法使いの夜

5/5 On Sale

この大空に、翼をひろげて
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。