Eye Am Here!!! → Get Feed twitter 食べログ はてなブックマーク Last.fm 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bobby V / Fly On The Wall

Fly On The Wall
  Visit Official Site

  リリース日:2011/3/23
  レーベル :Capitol
  Ex-Prod.:Bobby "V" Wilson & Courtney "Court Luv" Stewart
  客演参加 :50 Cent, Lloyd Banks, Cihi Da Prynce, Twista, Plies
  製作参加 :Tim & Bob, Bryan M. Cox, The Pentagon, Jeff B
         Jazze Pha, L.O.S. da Mystro, Hit-Boy & B. Carr.
         Daen Simmons, Leland "Big Fruit" Clopton, etc.

  評価:★★★★★☆☆☆☆☆







 前作『Rebirth』ではThe-Dreamのエラエラブームにあやかってか《オマエにビー!ビー!》とかワケの解らんことをホザいていたBobby Valentino改めBobby V。Ludacrisのレーベル出身とは思えぬ大人びたフレージングと瑞々しいアプローチの持ち主であり、驚くほど上品な正統派シンガーなのだが、彼の魅力を引き出していたのは、今作にも参加しているTim & Bob(《Slow Down》)やTimbaland(《Anonymous》)といったプロダクションの手腕によるものだ。実際、Vの歌声は清楚で耳あたりもよいが、それゆえに引っかかる部分がどこにもなく、2作目『Special Occasion』でBabyfaceの《Soon As I Get Home》をカヴァーしていたように、自身もそのことを自覚している。だから今作も同様に上記のような名うてのプロダクションを取り揃えているわけだが、そうした商業的には安牌な采配は、必ずしもうまくいくわけではない。
 お得意のメロウにたゆたうストリングスを着飾ったBryan Michael Coxによる美しい夢ごこちのスロウジャム《Are You The Right One》で始まるアルバムは、先行シングルの《Words》でいきなりクライマックスに達し、そこからしばらく代わり映えのないMORバラッドの泥沼にはまってしまう。確かに気心知れたTim & BobがVの奥ゆかしくも真摯な恋愛観を描く《If I Can't Have You》なんかは安心の出来だが、デビューからずっと聴いてきた身としてはちょっと食傷気味。Bobby Brownのスマッシュ・ヒットをカヴァーした《Rock Wit'cha》は、オリジナルよりピッチ・コントロールこそ上手い(単にBobby Brownが音痴過ぎただけだろ、と言われたら身も蓋もないが)ものの、どこか出来過ぎたカラオケを聴いているような違和感を伴っているし、前作でも感じていたことだが、Vにはニュー・ジャック・スウィング全盛期のがなり立てるようなヴォーカリゼーションは不必要だ。Jeff Bによるベッドタイム・ミューザック《Sweetness》のほうがずっといいや。
 しかも困ったことに、インターリュードを挿んだ後半部分――Vからすればこっちがメインなのだろうが、ラッパーとの共演曲がどれもイマイチな出来で如何ともしがたい。特に《Altered Ego》から《Grab Somebody》までの5曲はあくびが出るほど退屈で、仮に寝てしまったとしても全く問題ない。そんなグダグダな空気を取り払う唯一の例外が、Jazze Phaによる気忙しいビート配置とスッカスカなベースラインのクラビン・アッパーに、Pliesのダミ声がナンパしたオンナの電話番号を訊き出す先行シングル《Phone #》。まさか2作目の日本盤ボートラとして収録されていた《Wreck》からアイディアを温めていたわけではあるまいが、電話の発信音をメロディに見立てた「トトゥトトトゥ~トゥ~トゥ~トゥ~」のフックが強烈に記憶に残るこの曲は、確かにリリックだけ眺めると何の変哲もないナンパ賛歌だが、それ以上の楽しさをもたらしてくれる。これを先行シングルに選んだキャピトルのお偉方は、さすがプロモーションというものをよく解ってらっしゃる。すっかり騙されたよコンチクショウ。しかし、ずっと《Slow Down》みたいな曲ばっか歌っているわけにもいかないし、この先《Anonymous》や《Phone #》のようなズバ抜けたヒップホップ・トラックを優先的にもらえる保証もないし、……どうすりゃいいんだろうね、この人は。

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

What R U Lookin' 4?
About Me

S-Eye

Author:S-Eye
ブラック・ミュージックを聴いていたりエロゲーをやっていたりするバーテンダーです。批評は基本的に辛口、読んでムカつくこともあるかと思いますが、正直なレビューを心がけていますのでご了承ください。コメント/トラックバックはお気軽にどうぞ。リンクもご自由に。

Follow Me
Playlist
Now Supporting
Event

絵師100人展 02

Pick Up

はつドラ合同バナーキャンペーン開催中

Now On Sale

はつゆきさくら

ツクモノツキ

3/29 On Sale

ルートダブル

3/32 On Sale

Princess-Style

4/12 On Sale

魔法使いの夜

5/5 On Sale

この大空に、翼をひろげて
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。