Eye Am Here!!! → Get Feed twitter 食べログ はてなブックマーク Last.fm 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jagged Edge / The Remedy

The Remedy

  Visit Official Site

  リリース日:2011/6/21
  レーベル :Slip N Slide
  Ex-Prod.:Ted "Touche" Lucas and Brandon & Brian Cosey
  客演参加 :Rick Ross
  製作参加 :Adam RC Ledgister, Cainon Lamb, Cainon Lamb, Jim Josin,
         Brass Knuckles, Bigg D, Cool & Dre, Paul Anderson, Gorilla Tek, etc.

  評価:★★★★★☆☆☆☆☆





 90年代に一世を風靡したのも今や昔、同期たちが次々と姿を消し、男性ヴォーカル・グループという形態自体が絶滅寸前に追いやられる中、よもやこの大して特徴のないアトランタ出身のカルテットが生き残るなど誰も予想しなかったろう。JEはその10年以上にわたるキャリアの中で、これといったクロスオーヴァー・ヒットも放っていなければ、グループを印象づけるリード・ヴォーカルもいない。Jodeciのようなクラブ映えするトラックに乗ってBoyz Ⅱ Menのような甘ったるいメロディをクルーンする、というイイトコ取りなスタイルは、いかにもJermain Dupriらしいやり口だが、それゆえに焦点はぼやけていた。
 先行シングル《Baby》でSurfaceの名曲《Happy》に助力を求めたこの新作でも、収録曲のタイトル欄を見ただけで胸焼けを起こしそうな楽曲を取り揃え、メイン・ターゲットである20代女性の心の清涼剤たらんとするところにのみ注力した、いかにも安牌な仕上がり。《Baby》の元ネタを歌っていたSurfaceが、そうやって80年代に数少ない“ソウル”グループの地位を確立した事実を鑑みれば間違った選択ではないし、実際《Love On You》や《Let's Make Love》での小細工しない猪突猛進なコーラスの組み立てを聴けば、彼らのハーモニーがいかに統率されているかよく解る。Rick Rossとのラップ・ジョイントにしてアルバム唯一のアップ《Lipstick》や、何だか聴き覚えのあるラストの《Mr. Wrong》といった楽曲まで、ひと通り歌える。そもそも、アルバム・タイトルからして彼らの名刺がわり『J.E. Heartbreak』(言わずもがなNew Edition『N.E. Heartbreak』のパクリ)に対応しているのだから、内容も推して知るべし。さすが大半の楽曲をメンバーのCasey兄弟が手がけただけあるね、自分らの分際をよく弁えている(笑


テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

What R U Lookin' 4?
About Me

S-Eye

Author:S-Eye
ブラック・ミュージックを聴いていたりエロゲーをやっていたりするバーテンダーです。批評は基本的に辛口、読んでムカつくこともあるかと思いますが、正直なレビューを心がけていますのでご了承ください。コメント/トラックバックはお気軽にどうぞ。リンクもご自由に。

Follow Me
Playlist
Now Supporting
Event

絵師100人展 02

Pick Up

はつドラ合同バナーキャンペーン開催中

Now On Sale

はつゆきさくら

ツクモノツキ

3/29 On Sale

ルートダブル

3/32 On Sale

Princess-Style

4/12 On Sale

魔法使いの夜

5/5 On Sale

この大空に、翼をひろげて
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。